本文へスキップ

地域とともに新しい時代を生き抜く生徒の育成を目指しています

 沿革

 本校は、昭和29年に青森県立三本木農業高校十和田分校(法奥小学校に併置)として開校、昭和55年から青森県立三本木高等学校十和田分校(現地に移転)、市と町の一体となった独立昇格の根強い運動が展開され平成元年4月、青森県立十和田西高等学校として独立開校しました。
 十和田湖、奥入瀬渓流の玄関口に位置し、雄大な八甲田連峰の眺望にも恵まれ、自然の変化や四季の移ろいを敏感に感じることができる学習環境の下、「自律」「進取」「敬愛」を校訓に掲げ、保護者や地域の熱い支援と連携による「地域社会から期待される学校」を目指しています。

 教育目標と学校経営の基本方針

●教育目標
 生徒が「知」(基礎学力)「徳」(豊かな人間性)「体」(健やかな身体)の調和がとれ、
生き生きとした毎日の生活を送ることができる学校作りと、高い志をもって社会の発展
に貢献し、本県の未来を担う人材の育成を図る。
 
●経営の基本方針
 十和田西高校となってから、既に四半世紀を経過し、前身の十和田分校からは60余年の伝統を持つ学校として、生徒・保護者・地域の期待に応えられる学校の機能の整備と新しい時代に即応した生徒の育成が求められている。本校の特色ある教育活動をさらに充実させるとともに、生徒の進路実現、部活動その他の活動においても、一層の飛躍を図らねばならない。そのために、
 (1)生徒の「自ら考える力」の育成により、「生きる力」の獲得を図る。
 (2)生徒・保護者・地域・教職員が一体となった学校作りを進める。
 (3)生徒相互、生徒と教職員および教職員間の豊かな人間関係の構築に努める。
 
●平成30年度学校経営方針
 「平成30年度学校経営方針」

                                     校長 齊 藤 聖 一

青森県立十和田西高等学校

〒034ー0302
青森県十和田市大字沢田字下洗53-3

TEL 0176-73-2929
FAX 0176-73-2323